MENU

田口翔|ブロッコリーのネット事業で更生!ヒカルとの関係性や今後の展開も調査

4630万円誤送金問題で逮捕されていた田口翔さんが、8月1日に釈放され

YouTuberヒカルさんの手助けを得て、働き更生していくようです。

その会社でブロッコリーのネットの仕事をするとのことですが、どんな会社なのか気になるところです。

この記事で分かること

  • 田口翔の仕事ブロッコリーのネット事業って何?
  • 田口翔とヒカルの関係は?
  • 田口翔は今後どうする?

こちらについて調査しました!

目次

田口翔の仕事 ブロッコリーのネット事業とは?

田口翔さんの働き先である会社は、究極のブロッコリーと鶏胸肉(通称:QBT)です。

どんな会社かというと、

鶏胸肉とブロッコリーのみを提供
・淡白な低糖質食を美味しく食べることを追求
・全国の飲食店と提携
・Ubereatsなどデリバリーやテイクアウトで注文できる
・オンラインでも注文可

ヒカルさんが1億5000万円出資し、認知度アップで現在、話題となっています。

経営はヒカルさんがしているわけではありません。

田口さんは山口県を出ることができないため、こちらの会社でネット事業の手伝いをするようです。

引用元:YouTube

ヒカルさんからマックブックを手渡され、QBTの塚本社長からもパソコンスキル全部教えるんで

頑張りましょうと鼓舞されていました!

気になる仕事内容は、まだ明かされていませんが

  • QBTの広報
  • お問合せ窓口
  • 提携店店舗の管理
  • 新規加盟店の指導

このような仕事内容が考えられます。

引用元:Twitter

また田口さんはTwitterを開設されたので、仕事の進捗情報などをツイートするようです。

併せて宣伝もする可能性が高そうですね。

QBTの会社は社長と女性の方が1人、田口さんの3人しか従業員がいなく今後、話題性もあり

忙しくなりそうですね。

田口翔とヒカルの関係性

引用元:Yahoo!ニュース

しかし、なぜヒカルさんと田口さんはどうやって知り合ったのか気になるところです。

阿武町に返済するために、お金を4000万円貸してほしい

と弁護士から相談を受けたことがきっかけでした。

現在は回収をされているので貸すことはなかったようですが

ヒカルさんは田口さんの事を調べ始め、誤送金さえなければ人生狂ってなかったのに…

巻き込み事故でかわいそう、純粋に助けたいという思いが芽生えたそうです。

助けたい+広告塔になるのでは?と独自の発想で、仕事を依頼しています。

さすがトップYouTuberの思考はかなり鋭いですね!

大騒動に発展した誤送金問題は、4630万円の9割分に当たる4290万円がすでに、

被告が利用した“決済代行業者”3社から町に返金されている。ヒカルは340万円を提供し、

ここから町が請求していた弁護士費用500万円に充てられ、

残りの160万円も支払うとの和解案を被告側弁護士は提出している。

(中略)

「そして250万円とされる保釈金もまた、ヒカルさんが立て替えたみたいですね。

田口被告に総額590万円を借しているわけでしかも、わざわざ山口県まで遠く足を運んで迎えに行ったと。

引用元:Yahoo!ニュース

ヒカルさんに返金するため、田口さんは働いて更生していくようです。

田口翔は今後どうする?

田口さんは、ヒカルさんの関係会社で働くとされていますが、雇用期間などは詳しく分かっていません。

今後、将来の夢とかどうしていきたいとかある?

とヒカルさんから尋ねられ、

自分がしていきたいと思うことを全部したい

と話されていました。具体的には、

24年間生きてきて日本しか知らないので、他の国も見てみたい。興味があるとのこと。

裁判がいつ終わるのかは明かされていませんが、終わり次第

自由の身になり、現在の仕事でもっと成長し社長の右腕になっているかもしれませんし

海外を飛び回っているかもしれませんね。

今後も田口さんの動向に注目したいと思います!」

スポンサーリンク
目次