MENU

石橋静香は親の七光り?演技力は?出演作品まとめ

現在放送中のドラマ「悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」に
出演中の石橋静河さん

実は両親ともに芸能人であることから
親の七光りではないのか?と噂されています。

七光り?実力はある?などの演技力や
出演作品についてまとめました。

スポンサーリンク
目次

石橋静香は親の七光り?「悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」に出演中

石橋静河さんの両親は

  • 俳優の石橋凌さん
  • 女優の原田美枝子さん

と両親揃って芸能人であることをご存知でしたか?

二世タレントであることからあまり
期待されてない声もあったようですが
その肩書きは全く必要ではありませんでした。

https://twitter.com/champurism/status/1471098006514843648?s=21&t=aIPhGH7QtctgUTo9qev1Ug

演技が上手い!圧巻だ!という声が
たくさんありますね。

親の七光りどころか素晴らしいDNAを
受け継いでいるように思います。

石橋静河さんは今田美桜さん主演の現在放送中の
ドラマ「悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」で梨田友子(なしだ・ともこ)役で出演中。

超がつくほどの倹約家で「仕事はお金を稼ぐ作業」と割り切り、会社のマーケティング部の
リサーチ・チームに所属。

正反対の主人公、今田美桜さんと
どのように接していくのか今後の展開が楽しみです。

石橋静河の演技力は?

引用:AERA STYLE MAGAGINE

石橋静河さんの最大の魅力は“演技をしている感”が全くないというナチュラルさがあります。


その資質が充分に活かされた作品の映画
『きみの鳥はうたえる』で監督をされた
三宅唱さんが石橋静河さんの演技力が
高い事を評価し、2020年6月にリリースされた
星野源の楽曲「折り合い」のMVを手がけるに
あたり、ふたたび石橋静河さんを起用したそう。

映画やドラマに詳しい識者がこぞって「“これからの女性像”を体現していく存在になるのでは」
「20代とは思えない洗練された美しさを持ち、淡々としているのに存在感がある」

「石橋さんの同年代には、子役時代から活動している伊藤沙莉さんや松岡茉優さんといった実力派女優がおり、彼女たちには豊富な経験値に裏打ちされた存在感やテクニックがあります。そこに石橋さんは10年以上も遅れて名乗りをあげてきたにも関わらず、その“遅れ”をまったく感じさせません。すでにこの世代のトップ女優のひとりだと言えるでしょうし、あらためて末恐ろしい存在だと思います」

引用:NEWSポストセブン


このような絶賛コメントが各方面から
集まっていることで
石橋さんの演技力は非常に高いことが分かりますね。

石橋静河の出演作まとめ

半分青い

ヒロイン・鈴愛(永野)の幼なじみ・律(佐藤健)の結婚相手・より子役を石橋静河さんが演じました。

引用:マイナビニュース

いつも不機嫌な態度、淡々と喋り律を
追い詰める様子が全回の中で出演時間は
少ないのにとてもインパクトがありましたね。

このドラマ出演をしたことから、多くの人が
石橋静河さんを知るきっかけになったのでは
ないのでしょうか?

この恋あたためますか

引用:シネマカフェ

「半分、青い」の強気な性格とは正反対な
役どころ。

彼氏役の中村倫也さん演じる浅羽拓実に別れを切り出すシーンでは視聴者からは、

里保さんの涙の演技たまらんなぁ。切ないなぁ」

共感して泣いちゃった

などの反響があり同性ならではの
「わかるー!」という気持ちにさせてしまう
自然な演技が魅力的でしたね。

東京ラブストーリー

1991年にドラマで放送され、当時社会現象となり、その後も語り継がれる90年代の名作ドラマ。

その『東京ラブストーリー』が29年ぶりに
現代版となってよみがえり、石橋さんはヒロイン
赤名リカ役を演じ、当時見ていた世代から、
見ていない若年層まで、
幅広い世代の間で大きな話題となったドラマです

明るい性格と石橋さんの笑顔がとても素敵で
ハマり役でしたね。

大豆田とわ子と三人の元夫

こちらは打って変わって、同性に嫌われるタイプ
ナンバーワンな自信満々な強気な女性、
三ツ屋早良を見事演じ切りました。

その嫌われっぷりは
「悪女ではなく嫌女爆誕」
という言葉が生まれるほど…

ハマり役すぎてこれ以上のほめ言葉はないですね!

鎌倉殿の13人

俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

石橋さんは静御前役に抜擢!いよいよ登場です。

静御前は、源義経(菅田将暉さん)の
愛妾(あいしょう)=衣食住を男性が全て面倒を
見る関係であることが明らかになりました。

静御前は伝説の人という印象で、自分に務まるのかと不安になりましたが、
1000年近く前に同じ名前の女性が懸命に生きていたのだと思うと、
彼女の内面の美しさをしっかり表現したい、と自分の中から力が湧いてくる感じがしました」

引用:Yahoo!ニュース

とコメントされています。
石橋さんがどんな魅力的な演技を
披露されるのかとても楽しみですね。

以上、石橋静河さんの演技力や出演作品について紹介したよ。
演技力が抜群で親の七光りなんて全くのウソだったね!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる