キンプリ解散の本当の理由が分かった!ジュリーが退所に導いた真相を公開中!

奥野卓志|花束を投げ捨てた理由は炎上商法!ごぼうの党は解散間近

2022年9月25日に行われた総合格闘技イベント「RIZIN.38」で朝倉未来選手の対戦相手

メイウェザー選手に花束を贈呈したごぼうの党、奥野卓志さんが炎上しています。

なぜ炎上しているのか?理由が気になります。

この記事で分かること

  • 奥野卓志の炎上理由は?
  • 奥野卓志の炎上商法だった!
  • 炎上商法以外に考えられる理由
  • 今後ごぼうの党はどうなる?

こちらについて調査しました!

目次

奥野卓志の炎上理由は?

引用元:Yahoo!ニュース

「ごぼうの党」の奥野卓志氏が25日、「超RIZIN/RIZIN.38」でのフロイド・メイウェザー(45)VS朝倉未来(30)戦の試合前に、花束贈呈役として登場。目の前で花束を手渡すことなくリングに投げ捨てる〝愚行〟を犯し、会場は騒然となった。

引用元:デイリースポーツ

奥野卓志さんは、メイウェザー選手に花束の贈呈をするためにリングへ上がりましたが
目の前で花束を投げ捨て炎上しました。

その後、メイウェザー選手は両手で花束を拾い、何事もなかったかのように対応。

普通だと怒って当然のことをされているにも関わらず、メイウェザー選手の行動は
まさに神対応そのものでした。

こちらの試合は世界中で放送されていたため、日本ってこんな非常識な国なのか…と
思われていることでしょう。

とても悲しい出来事です。

奥野卓志の炎上商法だった!

全国民が唖然となった花束落とし事件は、どうやら炎上商法の可能性が高そうです。

2022年7月に行われた参議院の選挙で突如現れた「ごぼうの党」

若者のための政治を政策の柱に掲げ、多くの有名人が賛同し話題になりました。

  • 山田孝之
  • 山下智久
  • 「ONE OK ROCK」Taka
  • 朝倉未来

メイウェザー選手の対戦相手の朝倉未来さんはごぼうの党のスポーツアドバイザーとして
就任していますが、目立った活動はなかったようです。

まさかの花束落とし行為のおかげで、こちらのニュースが拡散されているため
奥野卓志さんの思うツボとなっています。

次の選挙のための売名だとしても、世界中から日本の信頼を失ってしまったため
あってはならない行為だったでしょう。

自分のためなら何をしても良いという考えは間違ってるのではない気がしますね。

なぜ花束を落とした?

引用元:Twitter

奥野さんの炎上商法以外に考えられる理由はあるのでしょうか?

運営側の演出

RIZIN側、運営の演出なのではないか?と言う声もありますが、

「フロイド・メイウェザーと朝倉未来戦の冒頭に本当に情けない行為を働いた人間がいます。リングの中は神聖な場所だし、命をかけて戦う選手たちにどちらのファンだとか関係なく、礼節をもって対応するべきだと思っています」と怒りを言葉にした。「品性下劣な男をリングにあげたことをこの場を借りてお詫びします。申し訳ありませんでした」と頭を下げた。

引用元:Yahoo!ニュース

榊原CEOが頭を下げリング上で謝罪しているため、奥野卓志さんの独断の行為である可能性が高いです。

アメリカが嫌い

奥野卓志さんはアメリカに操作されてる日本を守る為、屈しない!と言う陰謀論があるようです。

反米思想を表したかったようですが全くの逆効果。

人々を笑顔にする、ごぼうの党の思想から大きく矛盾する行為となってしまいました。

メイウェザー選手には関係ない話なので、政治とスポーツを切り離して考えた方が
よかったのかもしれません。

今後ごぼうの党はどうなる?

選挙のための売名行為だったとしても、かなり逆効果だった今回の騒動。

今後のごぼうの党はどうなるのでしょうか?

解散する

日本の恥だから解散してくれ!といった声がとても多くありましたが

奥野さんは炎上商法として行った行為であるため、名前を知ってもらうためには

手段を選ばない人である事が考えられます。よって解散は見込まれない可能性が大きいです。

ますます活動的になる

奥野卓志さんのおもうツボとなってしまった今回の騒動。

名前が知れ渡ってしまったため、次の選挙に向けて新たな一歩を踏み出したといった
ところでしょうか?

しかし、支援者はますます遠のくばかりな気もしますが…

賛同している有名人たちの今後の動きにも注目ですね。

まとめ

メイウェザー選手に花束を投げつけたのは炎上商法だった!と言うことをお伝えしました。

日本が全世界から批判されるのは承知だと思われる騒動となってしまいました。

今後、奥野卓志さんからの謝罪はあるのか?

ごぼうの党はどうなるのか?とても気になるところですね。

今後の動向にも注目していきたいと思います。

スポンサーリンク
目次