MENU

佳子さま|働かない原因は秋篠宮夫妻にあった!ロイヤルニート化が加速中

エメラルドグリーンのスーツを纏いリモートワークをする笑顔の佳子さま

佳子さまが1年半ぶりに公務に出られ、あまりにも少なすぎるのでは?ということが
話題となっています。

皇室が働かず、国民の税金を好き勝手に使う「ロイヤルニート」という言われ方も
いているようです。

公務嫌いだから出たくない!など色々な噂もありますが
佳子さまが働かない原因が気になりますね。

この記事でわかること

  • 働かない理由は親が原因だった
  • 現在の仕事内容
  • 公務嫌いは本当なのか?
  • みんなの声を聞いてみました
スポンサーリンク
目次

佳子さま ダラけた原因は親の育て方が悪い?

引用:プレジデントオンライン

佳子さまが働かない原因は秋篠宮夫妻にあると
考えられます。

公務は受け身だと教えた

2004年11月の秋篠宮様の会見で、公務の在り方とは?の質問の答えが
”受け身であること”と答えられました。

あくまでも私個人としては,自分のための公務は作らない。私は公務というものは
かなり受け身的なものではないかなと。こういう行事があるから出席してほしいという依頼を受けて,
それでこちらもそれが非常に意義のあることであればそれを受けてその務めをする。
私自身はそういうふうに考えて今までずっと来ています。

引用:宮内庁ホームページ

娘の佳子さまはお父様の背中を見て育ったことから、自分も公務は受け身で良い
と判断されているのではないでしょうか?

それが原因で、
公務の依頼がないと出ない=仕事をしない
に当てはまるのかもしれませんね。

眞子と悠仁に手をかけすぎた

眞子さま→秋篠宮夫婦にとって初めての子どもであることから
とても大切に育てられた。

悠仁さま→秋篠宮家、待望の長男。
天皇の皇位継承が『男子の継承を維持すべき』考えの視点から見ると
悠仁さまが将来、天皇になる可能性があるため、教育や躾に力を入れている。

佳子さま→3人兄弟の真ん中に当たるので、第1子のような不安も少なく良い意味で
子育てに手を抜く存在→放っておかれた傾向にある。

もちろん3人とも平等に子育てされたと思いますが、佳子さまは寂しい思いを
されていたかもしれません。

悠仁さま優先の子育てになっていき、何かにつけて「支えていくように」と
言われ続けてきたそうです。徐々に自由が狭められていく違和感を覚えるようになったとか。

その反動で、

  • 皇族にしては派手なファッションをする
  • 幼稚園から高校まで通っていた学習院大学を中退するなど

自由に育った傾向がありますが、佳子さまが皇室の人間であっても
佳子さまの考え方を尊重しなければならないのかなと思います。

たった一度きりの人生をどう生きるかは人それぞれですね。

佳子さま 週3日しか働いてない理由

引用:Yahooニュース

佳子さまの現在の勤務先は、一般財団法人「全日本ろうあ連盟」で
週3日、テレワークをしています。

週3日勤務と聞くと少ない気がしますが、公務があればその日数で不思議ではないですね。

しかし、今回1年半ぶりに公務に出席なさったことが報じられています。

頻繁には公務に出られている訳ではないようなので他の理由を考察しました。

結婚間近である

引用:週刊女性PRIME

佳子さまは20歳を迎える前から「皇室を出たい」願望が強いそうです。

皇室を出るための方法はただ一つ、結婚しかありません。

17年9月から’18年6月まで、イギリスのリーズ大学に留学されており、
同時期に留学していた東出昌大似の彼と交際の噂がありましたが、
全くの嘘であることが分かり、それ以降は熱愛の情報はありません。

しかし、皇室から出るために新たな婚約者がいる可能性もありますね。

男子校の文化祭などで姿をよく見かけられたそうですし、学生時代、
学校の中でも目立った存在でした。

佳子さまは容姿端麗であることから世の男性が放っておかないはず。

今後どんな相手が現れるか注目したいところです。

プライベートを大事にしたい

引用:女性自身

佳子さまがダンスが大好きであるという話は有名ですね。

学習院女子高等科時代の学園祭『八重桜祭』で、ダンスを披露されたことが話題になりました。

しかし母・紀子さまから「サークル禁止令」を出され立場上
気軽にサークルで踊ることができなかった佳子さま。

ダンスへの“情熱”は冷めていないことが考えられ、公務の傍ら
ダンスレッスンにも取り組まれているのではないでしょうか?

パーフォーマンスアートにも関心を持っていることから公務とは別に
ダンスに関わるお仕事を新たに始められるかもしれませんね。

誰にでも仕事とは別に心の支えになるものはあるはずです。

佳子さまの支えはダンスであることが分かるため公務と並行しながら
ダンスに打ち込む時間を設けているのかもしれません。

公務嫌い?いやいや!ちゃんとやってます!

引用:ハフポスト

他の皇族の方と比べると、佳子さまの公務は非常に少ないことから

公務が嫌いだから出ないのではないかと噂がありますが、

それは真っ赤なウソなのです!

佳子さまが公務で訪問された鳥取県では平成25年に「手話言語条例」を制定し、
「手話の聖地」と呼ばれています。

その翌年から、鳥取県で開催されている「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」の
開会式で毎年、手話の挨拶を披露してこられました。

コロナ禍でオンライン開催となった大会でも、佳子さまが手話で伝える動画を流し
大きな話題を集めています。

「開会式の際、佳子さまを舞台のほうに私がご案内するのですが、

その時の佳子さまからは緊張感が伝わってきて、

一生懸命、集中しようとされているように思えました。
おそらく手話でのご挨拶を、頭の中で繰り返しておられるのだろうと感じました」

鳥取県の平井知事コメント

きっと、大会をより良いものにするため、手話を
伝えるための努力をしてこられたのだと思います。

佳子さまは流暢に手話を披露されていたそう。

熱心に手話と向き合い、取り組んでいることが考えられますね。

年々、手話の技術がレベルアップされていたことから、
公務が嫌いであれば、こんな努力はできないと思うのです。

ですから公務が嫌いだから出ないのはウソであることが分かります。

みんなの声は? まとめ

公務も仕事だし佳子さまの年齢や姉の影響も考えれば公務嫌いも
普通の範囲。

新しい公務の形があってもいいし、リモートはそれほど抵抗感はない。
人はだれでも迷いがあるだろう。
生まれた時から立場が決まっていればなおさら。

そんな基本的な心構えもない人を公費で賄い公務してもらう
必要が何処にあるのか?

出たいのなら好きにさせれば良いと思う。
嫌な人に無理にやらせようとしてもうまくいくわけない。

肯定的、否定的な声がどちらもあり賛否両論のようです。

皇室の一員ですから一般市民とは違い、自分の意思だけを尊重
させるのは難しいと思いますが、佳子さまの新しい挑戦も見てみたいところです。

佳子さまが今後どのように動いていくのか注目したいですね。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる